コンテンツビジネス12週間プログラムの検証

コンテンツビジネス12週間プログラムで
情報商材アフィリエイトを実践する際の問題点を解決できるのかどうかを検証します。
 

そこで、コンテンツビジネス12週間プログラムを実践すると、
どのような情報商材アフィリエイトの問題点が解決できるかをまとめました。

超絶な特典合戦を制しないと売れない。
⇒集客源が広くなることから、
直接情報商材の実践に役に立つ特典だけを用意すればよくなるので、
むやみに再配布権付きの商材や特典を仕入れる必要がなくなります。

本当の実力がないため、大物アフィリエイターや販売者などに媚を売り、
メルマガやブログに掲載してもらえないと売れない。

⇒こんなことをやらなくても売る力が身に付きます。

本当の実力がないため、
自分のことを優遇してもらえる特定の販売者の情報商材しか売れない。

⇒本当の実力が付くため、他の販売者の情報商材を売ることができるようになります。

大物アフィリエイターの中でやり方が汚い煽りエイターがいるが、
良い顔をしなければ何をされるか分からないため、何も言えず不満が溜まっている。

⇒汚い大物煽りエイター全員を敵に回しても大丈夫になるので、ダメなものはNOと言いましょう。
尊敬できるアフィリエイターとだけ仲良くすればよいでしょう。
 

このように検証してみると、コンテンツビジネスを実践することによって、
自分が主体となって自由にビジネスを展開することができるようになり、
情報商材アフィリエイターの悩みを解決することができます。

そこで、ぜひこの貴族型アフィリエイトレジームから脱却したい方は、
コンテンツビジネス12週間プログラムで学びましょう。

⇒ コンテンツビジネス12週間プログラムの詳細と特典はこちら

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ