賢威の効果・評価・検証

私が運営している媒体における賢威の活用状況と、
利用することで得られた効果を検証を行ない、評価をしてみます。
 

まず当ブログでは、2013年の開設時に賢威5.0テンプレートを導入しました。

賢威5.0テンプレートはアフィリエイターや事業者によるビジネス利用が多く、
当時最盛期をむかえていて、
当ブログもビジネス色が強いため、賢威5.0テンプレートを適用しました。

当ブログで賢威テンプレートを利用した結果、
個別ページにおいて「アフィリエイトブログ 作り方」や「商品名+キーワード」といった
複合キーワードやスモール・ミドルキーワードで
検索エンジンで10番・20番ぐらいに上位表示をさせることができています。

したがって、賢威はSEO効果があると言えます。
 

レスポンシブウェブデザイン対応の賢威6テンプレートは、2012年年末にリリースされているが、
2013年前半の段階では未完全であり、不具合の修正や改良が繰り返される検証途中であり、
バリエーションが少なかったため、
当ブログでは賢威6の使用を見送り、賢威5の方を適用していました。

賢威6はバージョンアップが繰り返され、
最終的には2014年7月に賢威6.2として完成しました。

そして、2015年に入ると、
スマホの普及が進み、スマホからのネットアクセスが増えてきました。

そんななか、
グーグル検索エンジンは、2015年4月21日にモバイルフレンドリーアップデートを実施し、
スマホ対応したサイトを優先的に表示させることにしました。

スマホ対応を行なう必要が出てきたことから、
2015年6月に賢威5からレスポンシブウェブデザイン対応の賢威6に変えました。
 

当ブログは情報・ビジネス関連を扱っていて、
パソコンで作業をしながら見る方も多くいらっしゃるため、スマホ対応を行ないつつも、
引き続きPCユーザーを重視できるのがベターだと思っていました。

実際に賢威6を適用して検証したところ、
PC表示は引き続き同じレイアウトを維持できたので、ユーザーの使い勝手は今までと変わらず、
スマホ表示の方はしっかりとうまく表示されており、スマホユーザーの閲覧も
行ないやすくなりました。

賢威6テンプレートはレスポンシブウェブデザインテンプレートとして質が良く、
高く評価することができます。

そして、SEO効果も継続して引き継がれています。
 

そこで、賢威を活用するとSEO効果が出る理由についてまとめましたので、
読んでいただければと思います。

⇒ 賢威のからくりについて

 

また、賢威7が2016年に新しくリリースされ、よりマルチメディア対応を強化し、
PC・スマホ・タブレットの3つの端末(デバイス)での表示対応になるとともに、
バリエーションも追加されて、より幅広い方に使っていただきやすくなりました。

賢威はサポートフォーラムがあることから、メンテナンスがしっかりとしているほか、
バージョンアップをしており、全て受け取ることができます。

実用性が高く、
かつ長期的に活用できるところが大きいので、
賢威は高く評価をされています。

⇒ 賢威の詳細と特典はこちら

⇒ 賢威に関する記事

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ