モバイルフレンドリーアップデートとスマホ表示対応を行なう必要性

 
モバイルフレンドリーアップデートとは

モバイル検索において、
モバイルフレンドリーなページ(スマホ対応したページ)を優先的に表示させる
グーグル検索エンジンの新たなアルゴリズムの導入のことです。

 
近年、スマホが急速に普及し、
モバイル(スマホ)端末からのアクセスは、ネット利用者の半分ぐらいを占めるようになり、
ネット市場はスマホが主流になっています。

情報収集を行なう際にはスマホを利用するようになり、想像以上にスマホ化が進んでいます。

そして、グーグルはモバイル検索ではスマホ表示対応したサイトを表示させることが、
ユーザーにとっては利便性があると考えました。

そこで、グーグル検索エンジンは、
2015年4月21日にモバイルフレンドリーアップデートと呼ぶ新たなアルゴリズムを
取り入れました。

 

モバイルフレンドリーアップデートは、現在は改良が積み重ねられて強化されているとともに、
次第にスマホ対応をしたサイトが増えてきていて
モバイル検索においては、必然的にスマホ対応していないページの検索順位は
徐々に下がってきている状況であります。

それから、あとで説明しますが、今後モバイルファーストインデックスの導入を検討しており、
スマホページの評価を元に検索順位を決定していくシステムになります。
 

ネット利用はスマホが主体になったとともに、
このように検索エンジンにおいてもスマホサイトを中心に表示されるようになり、
SEO対策からの観点においても、スマホ対応が重要になっております。

そこで、スマホ表示対応を行なう必要があります。
 

ただ、ビジネス市場や利用者層によって、
またコンテンツ制作など複雑な作業を行なうときなどにおいてパソコンを使うことが多いです。

若者はスマホが中心でありますが、
中年以上はスマホよりもパソコンの方を使う傾向があります。

それから、高額商品・重要商品の購入や登録等の手続きが複雑な場合は、
パソコンで行なうことでしょう。

したがって、割合としては下がったとしても、
PCユーザーからのアクセス数自体はある一定の水準よりも大きく減っていくことはないので、
疎かにはできません。

スマホ市場(スマホ経由のアクセス数や成約数)と
PC市場(PC経由のアクセス数や成約数)は、
実践するビジネスやジャンル・テーマやターゲットによって異なってきますので、
自分でユーザー属性や市場に合わせてスマホ対応を行なう必要があります。

 

そこで、スマホ対応方法について、以下の記事に取り上げるようにいたしましたので、
参考にしていただければと思います。

⇒ スマホ対応方法について

スマホ対応方法について

スマホ対応方法は2つありますので挙げていきます。
 

 
スマホ対応方法(1)
⇒レスポンシブウェブデザインの導入。

⇒ レスポンシブウェブデザインについて
 

まず、ビジネスの市場やジャンルやターゲット・ユーザー属性によっては、
引き続きPCからのアクセスが根強く見込まれます。

最初の情報収集の段階ではスマホを活用しても、
例えばリスクのある高額商品は、家のパソコンを使って落ち着いて購入していきます。

また、手続きが複雑だったり、いろいろな操作・作業が伴なうものについても、
PCを使うことでしょう。

スマホユーザーの割合が高くなっていく一方、
PCユーザーのアクセス数や成約がある一定の数は保たれて疎かにできません。

そんななか、レスポンシブウェブデザインはスマホサイト表示とPC表示の両対応ができて
優れています。

そこで、PCサイト・PCユーザーを重視しつつも、スマホ対応を行なうことができる
レスポンシブウェブデザインを導入するのがベターになります。

 

 
スマホ対応方法(2)
⇒スマホ専用のサイトの構築。

すなわち、PC表示を捨てて、
モバイルファーストでスマホ専用のサイトを構築していきます。

 

●メリット
レスポンシブウェブデザインと異なり、完全にスマホサイトを自由に構成できることから、
スマホ画面ではうまくきれいに表示させることができます。

特にトレンド系は、
スピーディにネットに接続できるスマホから爆発的なアクセスが見込まれることから、
きれいにスマホサイトで広告を表示させてクリック率を高められれば、
クリック数が飛躍的に増えます。

完全にPC表示を捨てて、モバイルファーストでスマホ専用サイトを構築した結果、
大きな成果を上げた方もいらっしゃいます。

また、用途によって、PCサイトとスマホサイトを使い分けるようにします。
 

●デメリット
スマホ専用のサイトを構築するには、ホームページ作成方法を学ばなければならず、
スマホサイトとPCサイトの両方を管理しなければならないこともあるので、手間はかかります。

また、当然スマホ専用のサイトの場合は、PC検索でも上位表示されることはあっても、
PCサイト表示は劣りますので、PC市場においては弱いです。

 

スマホ専用サイトを構築すると良いケースとしては、スマホ市場が強く、且つPC市場が弱いものを
取り扱う場合になると思います。

ただ、実際のところは、スマホ専用サイトを導入すると良いケースは判断しづらいと思いますので、
以下のページにいくつか具体的に挙げてみましたのでみていただければと思います。

⇒ スマホ専用サイトを導入すると良いケース

 


このようにスマホ対応方法については、それぞれ特徴がありますので、
ビジネスの市場やジャンルやターゲット、
およびテーマや情報発信の方向性など総合的に判断して決める必要があります。

 
そこで、情報商材や教材のジャンルなので、あまり当てにはならないかもしれませんが、
実際に私が運営しているサイトについてのスマホ対応方法を少し紹介しますので、
スマホ対応方法を考える要領として、参考にしていただければと思います。

⇒ 私の運営サイトにおけるスマホ対応方法について

私が運営しているサイトのスマホ対応方法の紹介

私が運営している当ブログとアフィリエイト情報商材レビューサイト、および青空ライフの場合、
どのようにスマホ対応を行なっていったのかを紹介していきます。
 

まず、当ブログやレビューサイトは、情報・ビジネス関連を扱っていて、
スマホからのアクセスは増えそうですが、
パソコンで作業をしながら見る方も多くいらっしゃいます。

また、情報商材や教材は高額で詐欺も多い特質な商品なので慎重に購入手続きを行ない、
教材のデータ量も大きいことから、PCから購入することが多い状況です。

したがって、スマホ対応を行ないつつも、
PCユーザーを重視できるレスポンシブウェブデザインの導入がベターだと思いました。

そこで、当ブログは古いバージョン賢威5テンプレート(スマホ表示未対応)から、
レスポンシブウェブデザイン対応の賢威6に変えました。

情報商材レビューサイトは、パソコンからの情報商材ご購入者様に配慮し、
PC表示のレイアウトを劣化させないように
2016年前半に半年ぐらいかけて独自にレスポンシブウェブデザインのサイト設計を行ないました。
 

青空ライフについては、
情報発信型の要素があるため、スマホ対応すればアクセスは増えそうですが、
自己啓発を取り扱っており、講座では教材・資料の配布もありますので、
パソコンの方も重視する必要がありました。

そこで、事業計画があった当初からレスポンシブウェブデザインのテンプレートを探して、
BlogPressというテンプレートを採用しました。
 

私(切り開く青空人)はどのようにしてスマホ対応を行なっていたのかということで
簡単ではありますが、スマホ対応の際の考え方を交えて簡単に紹介させていただきました。

このページの先頭へ