パンダアップデートとは (コンテンツファーム対策 Google ペナルティ)

 
パンダアップデートとは
コンテンツファームとみなしたサイトについて検索順位を下げるために行なわれた
Google検索エンジンのアルゴリズムの変更のことです。

 
コンテンツファームとは、
コピー・ベーストをしたようなコンテンツの質の悪いサイトのことを言います。

要はコンテンツの質の悪いサイトに
ペナルティを与え、検索順位を下げるようにしたということです。

 

また、ページあたりの平均文字数が少ないサイト(薄っぺらいコンテンツが多いサイト)も
Googleからペナルティを受ける可能性があります。

コンテンツの量はグーグル検索エンジンにおいて重要視されていて、
少ないページが多いと評価が下がります。

 
もし、検索順位が下がり、ペナルティを受けているのではないかと思われる方は、
ペナルティの確認と解除をGoogleウェブマスターツールで試みてみましょう。
 

パンダアップデートでGoogleからペナルティを受けないようにするためには

①コピー・ベーストをする部分を極力減らし、オリジナル記事を増やしていきます。

ただ、アフィリエイト等をやっていると、
サイトの構成上どうしてもコンテンツの重複が発生します。

その場合は、
内容がほとんど重複しているページのうち1つを
インデックスされないようにします。

当サイトも各情報商材の個別特典ページにおいては、各情報商材の特典が類似しているので、
重複コンテンツとみなされるのを防ぐために、インデックスされないようにしています。
 

②コンテンツを充実させていくしかありません。

もし記事数や文字数が増やせられない場合は、ページの統廃合を行なうとよいでしょう。
また、サイトの構成上どうしてもコンテンツが少ないページが出てきてしまう場合は、
コンテンツが少ないページをインデックスさせないようにします。

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ