詐欺情報商材の実態

みなさん、情報商材に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。

おそらく、一般的な情報商材の認識としては
「怪しい」・「詐欺だ」というイメージを持っていると思います。

確かに情報商材において詐欺情報商材が多いことは紛れのない事実で、
社会的な問題となっています。

詐欺情報商材とは、
セールスレターにおいて「クリック作業だけで●●万円簡単に稼げる」などかいてあるが、
実際にはねずみ講等の犯罪を助長するものや
ツールやポイントサイトが紹介されているだけの到底ノウハウといえないものなど、
明らかに内容が異なる情報商材のことを指します。

 

私も最初はネットなら簡単に稼げると思い、即金系の情報商材を購入しましたら、
見事だまされまして、詐欺情報商材に20万円以上費やしてしまいました。

以下は私が実際に2010年10月に49800円かけて購入した詐欺情報商材になります。
⇒ ダウンロードはこちら
 

今は販売終了していますが、
情報商材名が『特殊専用ツールで年間2100万円稼ぐ方法』で、
特殊専用ツールというぐらいだから、ログインしてツールを動かせば、
自動的に報酬が発生すると思っていました。

しかし中身をみてみると、特殊専用ツールというのはポイントサイトのことで、
せいぜい小遣い稼ぎ程度というレベルでした。

また、後半にページを稼ぐのが目的なのかどうか分かりませんが、
スパム的な出会い系アフィリエイトが載っていますね。

詐欺情報商材は所詮この程度のレベルです。

 

また、詐欺情報商材を購入させるための
詐欺アフィリエイターによる詐欺レビューサイトも問題になっています。

レビューサイトを見ると、
即金系の詐欺情報商材だとはいえ、
安心してしまうため、購入してしまうので厄介です。

⇒ 詐欺アフィリエイターによるレビューサイトの実態

 

だから、こういった非現実的な手法や情報が広まり過ぎているため、
情報商材は「稼げない」・「詐欺だ」ということになってしまいました。

しかし一方、
SEO対策・集客・アクセスアップ・ライティングなどが載っている優良商材も存在し、
これらのノウハウを探す方法として情報商材の購入は効率的に良い方法であるのも事実です。

私自身も
優良商材からテクニックやノウハウを入手して
ネット上で有益な情報が発信できるようになり、稼げるようになっています。

そこで、以下のページに詐欺情報商材の特徴と判断方法をまとめましたので、
参考にしていただければと思います。

⇒ 詐欺情報商材の傾向と見分け方

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ