SEOのためのHTMLの最適化対策

HTMLタグを最適化することによって、SEO対策を行なうことができます。

グーグルやヤフーの検索順位を決めるために
サイトやブログを巡回するロボットはウェブ上に表示される文字や画像ではなく、
HTMLソースを上から読み取り、採点を行ないます。

 

そのため、テンプレートのカズタマイズをしていない場合における
一般的にSEOに強いサイトカラム(HTML構造)は以下の順になります。

1カラム>2カラム右>>>>>2カラム左=3カラム

※ブログ形式の場合は2カラム右が一番SEOに強いです。

 

1カラムはサイドバーがないため、
上の方にメインコンテンツのHTMLソースが書かれていることから、
検索エンジンロボットはすぐに上のメインコンテンツのHTMLソースを読み取ってくれるため、
SEOに強いです。

一般的に2カラム右は
メインコンテンツのHTMLソースがサイドバーのソースよりも上に来るようになっているため、
グーグルロボットは評価されるメインコンテンツから読み取ってくれるため、
SEOに有利になります。


 

一方、2カラム左はサイドバーのHTMLソースが上で
その後にメインコンテンツのHTMLソースが書かれているため、
グーグルロボットはあまり評価しないサイドバーのHTMLソースから読み取ります。

そのため、その分だけSEOが不利になってしまいます。
よって、テンプレートをカズタマイズする必要があります。

しかし、自分自身で一からHTMLやCSSを編集するのは難しいです。
そこで、SEO対策テンプレートを手に入れると良いです。

⇒ SEO対策テンプレートを選ぶ際の3つのポイント

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ