グーグルページランク更新終了

2014年10月6日の話になりますが、
ツールバーや様々なSEOツールで表示されるグーグルページランクの更新を終了すると、
グーグルがコメントしました。

ツールバーに表示されるグーグルページランクは、
グーグルが10点満点で独自の評価基準を定めて、
格付けしたブログやホームページの点数のことです。

⇒ページランクの高いブログやホームページほど、
検索エンジンから高く評価されて検索エンジンの順位が上がり、信頼性が高く、人気があるため、
被リンクを受ける際の重要な指標・基準とされてきました。

⇒(参考)グーグルページランク評価方法

当初は、数ヶ月に一度更新されていて、
上がったり下がったりすると、一喜一憂したものです。

しかし、今後ツールバーのグーグルページランクが更新されることはなく、
SEOの指標としては、あまり使えなくなります。

 

■その証拠として

私が運営しているアフィリエイト情報商材のレビューサイトの方は、
旧ドメインで利用制限がかけられることになり、2014年8月30日にURLを変更しました。

⇒ 情報商材レビューサイトのURL変更に関する詳細ついて(2014年8月30日)

しかし、あまり期間が経っていないうちにグーグルページランクの更新が
終了することになってしまったため、ご覧の通りページランクが付いていません。


 

それでも、検索エンジンで上位表示していますので、
グーグルページランクは当てにできるとは限らなくなってしまったということです。

まあ、前に使っていた旧ドメインは、ページランク3が付いていましたが、
URL変更後の新ドメインにおいては、私がいくらがんばって運営しても、
どんなに高い評価のサイトから被リンクを受けても、
おそらくページランクが付くことはないだろうと思いますので、少し寂しい気もしますね。


逆に今後は、
ページランクが付いていないサイトでも、
このように検索エンジンで上位表示される力のある優良サイトも出てきますので、
サイトを調査する際には、ページランクだけでなく、
いろいろな要素からみていく必要が出てきます。

ちなみに情報商材のレビューサイトの新URLはオールドドメインを使っていますが、
取得する際にページランクの有無は問わずに、
いろいろな要素から総合的に判断をするようにしました。

なお、実際に私がどのように新URLで使用するオールドドメインを取得して、
どのようなSEO対策を行なって上位表示させたかについて、私がSEO実績を残した秘話を含めて、
具体的な実践例として新快速SEOパッケージに詳しく記載しましたので、
知りたい方は手にとってみていただければと思います。
 

しかし、
ツールバーのページランクは更新されなくなっても、
検索エンジンの評価を付けるためにページランクそのものは存続しています。

ただ、検索エンジンにいろいろなアルゴリズムが組み込まれるようになったことから、
SEOの指標としてツールバーにページランクを表示しても意味がなくなってきたので、
今後ページランクは公表せず、グーグル内密のものになりました。

したがって、
これからはグーグルページランクを当てにせずに、
いろいろな要素からサイトを評価するようにし、
せいぜいページランクをみる場面としては、オールドドメインを取得する際に
運良くランクの高いのがあるのかどうかぐらいになるでしょう。

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ