最新情報






青空塾ブログのコンテンツについて

情報発信・ビジネスノウハウを伝授する
青空塾(切り開く青空人)が運営しているブログです。

当ブログでは、ネットビジネス・ブログで収入を稼ぐために必要なビジネスノウハウや、
他の分野でも応用できる情報発信に必要なノウハウを暴露していきます。


ブログやネットビジネスで収入を稼ぐ方法をしっかり身に付けるには、
情報発信成功法を学ばなければなりません。

さらに情報発信ノウハウは、グローバルネットワーク時代になった今、
何事においても(趣味活動やコミュニティ作りや社会・政治活動など)成功するためには
必要不可欠なスキルであります。

そこで、ぜひ青空塾ブログを活用していただき、
情報発信やビジネスノウハウを学んで成功させましょう。

ナビケーション

バナーをクリックして気になるコンテンツをみてみよう。
ネットビジネス初心者講座 SEO対策講座
無料レポート・無料情報商材プレゼントコーナー (ネットビジネス・実用書結集) 鉄道ブログ公開企画『鉄道コンテンツ運営物語』
ライティング講座 各種アフィリエイト



※当ブログは賢威テンプレートで作成しています。
つきましては、画像などの無断使用・配布等はご遠慮ください。

お問い合わせについて

記事の書き方・SEO・集客・アクセスアップ・アフィリエイト・マーケティングなどのご質問、
および教材ご購入相談(レビューで扱っていない教材も対応)を受け付けております。

一般ブロガーやアフィリエイターはもちろんのこと、
法人企業様や各種事業者様や政治団体・社会団体などにも対応しておりますので、
ぜひメールを送っていただければと思います。




私がもう1つ運営しているサイト
アフィリエイト情報商材暴露・評価・検証レビュー 稼げる情報商材成功方法






【2018年】新年のご挨拶と新快速SEOパッケージのバージョンアップ

2018年、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

みなさんは新年をどのようにお過ごしでしょうか?
 

また今年も新年のご挨拶が遅れましたが、
実は1月5日におきてがみすら訪問できないほどの酷い胃の風邪になり、寝込んでしまい、
それで新年早々つまづいでしまい、いきなり作業が遅れてしまいました。

そして、
新快速SEOパッケージのアップデートが完了し、
ようやく対象になっているご購入者様に配布できるようになりましたので、
今日新年のご挨拶と新快速SEOパッケージのバージョンアップのご報告を行なうのに至りました。
 

さて、新快速SEOパッケージのアップデートの内容について簡単に紹介します。

スマホ時代に適したマニュアルに改良していき、
スマホ対応を意識したSEOノウハウ・戦術を充実させるようにしました。

新たに応用実践的なものとして、ライバルサイトの調査方法を追加しました。

また、12月のブログ記事でも掲載しましたが、
オールドドメインの効果が以前に比べて変わってきたということで、マニュアルにおいても、
オールドドメインの見解変更を反映させました。

加えて、
グーグル検索エンジンの新しいアップデートや動向についても追記しました。

ここ数年間で、SEOに関して結構いろいろと事情が変化していて、見解もかなり変更しているので、
かなりの大規模なアップデートになりました。

マニュアルのボリュームも142ページから201ページとなり、大増量しています。
 

次は新快速SEOパッケージの追加特典について簡単に記載していきます。

まず、ハイクラス厳選検索エンジン・相互リンク集リストについてになりますが、
グーグルページランクの廃止やモバイルフレンドリーアップデートの導入・スマホ化により、
検索エンジン・相互リンク集のサイト停止・閉鎖が相次ぐ状況になりました。

そこで、検索エンジン・相互リンク集リストを一新し、生き残っているサイトについては、
今までの運営で培った被リンク効果や確かなSEO実績を持っている老舗サイト枠としてまとめ、
新たにモバイルサイト対応など新しいSEO対策で必要な要素を兼ね備える新時代SEO対応サイトを
15サイト以上追加しました。

それから、PCとスマホの利用需要リサーチレポートを特典に追加しました。
モバイルフレンドリーアップデートの導入により、スマホ対応を行なう必要が出てきましたが、
PCとスマホの両方を視野に入れて検討する必要があるので、このレポートを作ることにしました。

あと、12月にブログ記事でも掲載しましたが、
将来的にオールドドメイン鑑定サポートを提供すると予定していましたので、
予告通りに新快速SEOパッケージの特典にオールドドメイン鑑定サポートをお付けしました。

以上が、新快速SEOパッケージの今回のアップデート内容になりますが、
新快速SEOパッケージの紹介ページについては、
2017・2018年改訂版に更新し、この内容を反映させました。

なお、各情報商材の特典ページの新快速SEOパッケージに関する表記については、
この後他の教材のアップデートも行なう予定ですので、このときに修正していく予定です。
 

新快速SEOパッケージのアップデートの話が中心になりましたが、
この後は先ほど申し上げたとおり、他の教材のアップデート作業を行ない、
完了次第、随時配布していく流れになります。

北朝鮮情勢次第では、スケジュールの変更が出てくる可能性がありますが、
とにかくまずはコンテンツの整備と特典アップデートをしっかりと行なっていき、
そしてレビューサイトでは詐欺商材暴露を復活させ、運営体制を整えていき、
青空ライフ事業の方も本腰を入れていくという流れでやっていきたいと思います。

それでは、改めて今年もよろしくお願いします。

2017→2018年の年末年始の稼働状況

●お問い合わせ・特典請求・メールサポート…12月31日~1月3日休み
⇒この期間に頂いたメールは1月4日~1月5日にかけて対応致します。

また、1月4日~1月5日の期間も休み期間中に頂いたメール対応を行なう関係上、
メール対応が遅れる可能性がございますが、ご了承願います。
 

●おきてがみ…12月31日と1月1日はお休みにさせていただきます。
※おきてがみはアフィリエイト情報商材レビューサイトの方に設置してあります。
 

●青空塾SNS…12月31日~1月3日休み
⇒この期間に書き込んでいただいた作業日誌や掲示板等のコメントに対する対応は、
1月4日~1月5日にかけて行ないます。

また、1月4日~1月5日もメール対応を行なう関係上、
遅れる可能性がございますが、ご了承願います。
 

●スカイプサポート…12月31日~1月5日休み
⇒年始はメール対応を行なう関係上、
実質的に対応が難しいため、休業期間を長くし、
スカイプサポート再開は1月6日からにさせていただきました。
 

新年のご挨拶に関してですが、まもなく新快速SEOパッケージのアップデートが完了しますので、
このときに新年の挨拶も合わせて行なうようにするかもしれません。

もう少しでコンテンツ整備が終わりますので、
この年末年始は作業に集中していきます。

これに伴い、お問い合わせ等は休止にさせていただく予定でございますが、
これにも関わらず、都合上必要であるなら、
青空塾ブログの投稿が行なわれる可能性がありますが、ご承知いただければと思います。

以上が、年末年始のスケジュールになりますので、よろしくお願いします。

インタースティシャル・ポップアップを表示するページの評価を下げるアルゴリズム導入

グーグル検索エンジンはインタースティシャル・ポップアップ(宣伝広告)を表示するページの
評価を下げるアルゴリズムを導入したという発表が2017年1月11日にありました。

よく商品や情報商材の販売ページや宣伝ページに
ポップアップでいきなり前のほうに宣伝広告が表示されることがあると思いますが、
今後、評価を下げる対象になり、検索順位が下落する要因となります。

あと、ネットをやっていると、
時々ポップアップでアプリのインストールをおすすめする広告とか煽るような警告画面が
強制的に表示されたことがあると思いますが、
こういったページが検索エンジンの評価を下げる対象になります。

はっきりと言って、正直なところ、
インタースティシャル・ポップアップで強制的に広告表示されるのは、一般の読者様からすれば、
うっとうしくウザいと感じます。

そこで、グーグルはユーザーの要求をふまえて、
インタースティシャル・ポップアップ(宣伝広告)を表示するページの評価を下げる
アルゴリズムを導入することにしました。
 

■売り込み販売者やアフィリエイター終焉へ

もし販売ページやLP(ランディングページ)で
インタースティシャル・ポップアップで強制的に広告表示させているのであれば、
今すぐやめるべきです。

特に商品の販売ページやLPを検索エンジンで上位表示させたい場合は、
ポップアップで広告表示させるのをやめなければ、
評価を下げられて検索順位が下がってしまいます。

もし、販売ページやLPが急に検索エンジンで上位表示されなくなったら、
このアルゴリズムの導入が原因となりますので、注意してください。

 


ついに強引な売り込みを行なう販売者やアフィリエイター(いわゆるアフィカス)は、
読者様から嫌われるだけではなく、グーグルからも制裁を受けることになりました。

私としましても、
時々売り込み色が強く、広告を大量に貼るのはやってはいけないと注意しておりますが、
いよいよこういった販売者やアフィリエイターは終焉する時代になっていきます。

このページの先頭へ