2019→2020年の年末年始の稼働状況

●お問い合わせ・特典請求・メールサポート…12月31日~1月4日休み
⇒この期間に頂いたメールは1月5日~1月6日にかけて対応致します。

また、1月5日~1月6日の期間も休み期間中に頂いたメール対応を行なう関係上、
メール対応が遅れる可能性がございますが、ご了承願います。
 

●青空塾SNS…12月31日~1月4日休み
⇒この期間に書き込んでいただいた作業日誌や掲示板等のコメントに対する対応は、
1月5日~1月6日にかけて行ないます。

また、1月5日~1月6日もメール対応を行なう関係上、
遅れる可能性がございますが、ご了承願います。
 

●スカイプサポート…12月31日~1月6日休み
⇒年始はメール対応を行なう関係上、
実質的に対応が難しいため、休業期間を長くし、
スカイプサポート再開は1月7日からにさせていただきました。
 

この年末年始は、特典教材のアップデート作業やコンテンツ整備を行なっていきます。

そのため、これに伴い、お問い合わせ等は休止にさせていただく予定でございますが、
これにも関わらず、都合上必要であるなら、
青空塾ブログの投稿が行なわれる可能性がありますが、ご承知いただければと思います。

以上が、年末年始のスケジュールになりますので、よろしくお願いします。

グーグルのSSL(HTTPS)導入推進策

グーグル検索エンジンは
2014年8月7日にSSL(HTTPS)を導入したサイトを優遇するアルゴリズムを導入しました。

さらに、2018年からGoogle ChromeでSSL化されているかされていないかについて
上のURLバーで分かるようにしました。
 

HTTPSとはHTTP(通信)がSSLで暗号化されている状態のことです。
そして、SSLとはインターネット上で通信を暗号化する技術で、HTTPS(SSL)を導入することで
第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

グーグルはユーザーにインターネットをより安全に利用できるようにしたいと
思っていましたが、運営者がサイトやブログにHTTPS(SSL)を導入することは
ユーザーにとって安心であると考えました。

そこで、運営者に対してサイトやブログへのHTTPS(SSL)の導入を促すために、
グーグルは新たなアルゴリズムを取り入れて
SSL(HTTPS)を使用したサイトやブログをHTTPのサイトよりも評価するとともに、
Google ChromeでSSL化されているかされていないか上のURLバーで分かるようにしました。

 

実際には、検索結果に若干影響を与える程度で、グローバルでクエリの1%ぐらいの影響なので、
検索エンジン上においては、若干変動する程度でありました。

大騒ぎをするレベルではありませんでした。

ただ、ユーザー側も安全性を考えて、
ウェブ運営者に常時SSL化(HTTPS)の導入を求めるニーズが増えてきていて、
特にGoogle Chromeで閲覧する方は、
ブラウザ上部のURLバーに「保護されていない通信」と出てしまいますと、信頼できないと思い、
ページを閉じてしまうケースもあります。


そして、Google Chromeは利用者が多く、
HTTPSではないページ(SSL化していないページ)だと、「保護されていない通信」と出てしまい、
たくさんの人にページを閉じられてしまうことから、アクセスが減ってしまい、
大きな悪影響を受けてしまいます。

そこで、SSL(HTTPS)を導入した方が良いでしょう。
 

まず、新規サイトを常時SSL化する場合は、だいだいサーバーでSSL設定を行なえば、
作業完了になります。

しかし、既存のサイトを常時SSL化をする場合は、他にもいろいろと行なうべき作業があります。

そこで、既存サイトの常時SSL化作業の流れについて、以下のページに挙げましたので、
参考にしてください。

⇒既存サイトの常時SSL化作業の流れについて

Google検索品質評価ガイドライン

アルゴリズムの仕組み(計算式等)については、具体的に表に出ることはありませんが、
Google検索の評価基準を示す資料ならあります。

それはGoogle検索品質評価ガイドラインになります。

グーグル検索エンジンのアルゴリズムは、
Google検索品質評価ガイドラインに基づいて設計されています。

したがって、Google検索品質評価ガイドラインをふまえながらSEO対策を行なっていくことが
重要になります。

 

ただし、Google検索品質評価ガイドラインは英語で書かれていますので、
もしかしたら、読むのが大変だと思います。

要点としては、E-A-Tとページ品質になりますので、
以下の記事をご覧になっていただければと思います。

⇒ E-A-Tについて

このページの先頭へ