新しい事業計画と今後について

新型コロナウィルスの感染拡大が世界的に広がっており、壊滅的と言ってもよい状況であります。
しかし、厳しい状況の中でも、しっかりと取り組んでいく必要があります。

そこで、新しい事業計画と今後について報告します。

 

まず、新しく高齢者・引きこもり向けの話し相手・傾聴サービス(青空ライフサービス)が
あと少し(4月)にオープンします。

⇒ 青空ライフサービス:話し相手・傾聴サービス
 

このビジネスについては、新型コロナウィルスがきっかけで始めるというよりは、
元々去年の秋から構想していました。

アフィリエイトやコンテンツビジネスなどの情報発信するビジネスに対して、
話し相手・傾聴サービスは情報を受けるビジネスであります。

ある意味、話し相手・傾聴サービスは情報ビジネスの逆であります。

ただ、情報ビジネスも戦略を練る際には、読者のニーズを把握しなければなりませんが、
そのためには、読者のニーズ・要望を聞く能力・汲み取る能力が必要になります。

そこで、情報ビジネスと並んで、
ビジネスとして話し相手・傾聴サービスの実践をみなさまに提案しようかと考えていました。

しかし、新型コロナウィルスの感染拡大により、ビジネスにも大きな影響を与え、
状況が変化しました。

当初はみなさまにも話し相手・傾聴ビジネス戦略を公表し、考えて議論していただいたり、
場合によっては、一緒に参加していただくかたちも取ろうと検討していましたが、
新型コロナウィルスの対応に追われたり、そもそも私自身のビジネスもどうなるのかも
分からない状況であります。

よって、話し相手・傾聴サービスに関して企画を行なうことは断念して、
私自身が粛々と実践していくのに留めます。
 

そして、私が話し相手・傾聴サービスをがんばって実践していく理由として、
他には新型コロナウィルスの影響で私自身のビジネスもどうなるのかは分からないため、
確実な収入源を確保しておきたいというのもあります。

話し相手・傾聴サービスの特長としては、
アフィリエイトやコンテンツビジネスに比べれば、比較的に早く成果が出やすく、
しかもリピータ率が高いところにあります。

ちなみに、新しくオープンする青空ライフサービスの話し相手・傾聴サービスは、
結構安い料金設定を行なっており、
大きく稼ぐというよりも、最低限度の収入を確実に稼いでいこうという狙いがあります。

高齢者や引きこもりをターゲットにしているのは、
このあたりは新型コロナウィルスの影響を意識しています。

これから、詐欺とかは増えてくると思いますので、情報商材の詐欺暴露の経験を活かし、
話し相手・傾聴サービスに詐欺相談サービスも付けるようにしています。

今後、新型コロナウィルスの影響がどうなるのかは分かりませんが、感染拡大が収束し、
話し相手・傾聴サービスが成功した場合には、
このビジネスについても青空塾で取り扱って、教えていければと思っています。

 

一方、これに伴い、新しいビジネスを始める反面、事業整理も行なわなければなりません。

人材育成機関として、自己啓発・成功哲学を取り扱っている青空ライフにおいては、
2019年5月からコミュニティ(青空ライフクラブ)の運営を開始しましたが、
今の状況では、戦後レジームからの脱却は難しいと判断し、青空ライフクラブを閉鎖する方針を
決定しました。

近いうちに青空ライフブログで青空ライフクラブ(コミュニティ)の閉鎖を報告します。

まずは消費税増税により、じっくりと能力をつけていくスタイルが敬遠され始めて、
さらに新型コロナウィルスの影響で、戦後レジームの洗脳から脱却する体力は失われ、
不可能に近い状況になりました。

新型コロナウィルスの影響は大きく、もはや世界恐慌並みの経済の落ち込みになる見込みで、
普通に考えれば、戦後レジームからの脱却よりも明日食べる飯の確保であります。

そこで、私としましても方針を変えて、
日本の国益よりも個々の成果(私のご購入者様や読者様の成果)の追求を第一にすることにしました。

日本がどうなろうとも、お客様(ご購入者様や読者様)には成果を出していただき、
早く収益につなげられるように体制を作りたいです。

青空ライフクラブ(コミュニティ)の閉鎖・打ち切りはやむを得ないと判断しました。
 

ただ、青空ライフブログや成功実現プログラム(無料講座)は、成功法則を身に付けるのに、
役に立つことは変わりません。

したがって、青空ライフブログや成功実現プログラム(無料講座)の運営については、
継続することにしました。

青空ライフブログは、今後もネットビジネスで成功するのに必要な思考力をつけるための
人材育成機関として機能させます。

青空ライフブログの記事は1ヶ月に1回~2回程度で適当に更新していきたいと思います。

 

それから、レビューサイトや青空塾などのネットビジネス事業につきましては、
ほぼ今まで通りに活動していきます。

新型コロナウィルスの影響を考慮し、SNSや企画活動は縮小してしまいますが、
逆に新型コロナウィルスの影響で余儀なく自宅に閉じこもらなければならない方は、
この機会にネットビジネスをやってみたいと思われている方も結構いると思いますので、
個別サポートには力を入れるようにします。

そして、情報商材のレビューも引き続きコツコツと行なっていきたいと思います。

あとは、コンテンツを整理していき、
せっかくですので、新しくオープンする青空ライフサービスへのリンクをつなぐなど、
SEO効果を高めたり、機能性を高めたりするようにしていきます。

 

以上になりますが、今後はこのような感じで改めて事業を進めていきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

新型コロナウィルス:非常事態下におけるビジネスについて

新型コロナウィルスは、世界的に感染が拡大しており、国によっては、非常事態に陥っています。

日本も経済活動の停滞を余儀なくされるとともに、
日常生活においては、一部の物資が品薄状態になっており、社会的混乱が大きい状況であります。

そこで、非常事態下におけるビジネスについて、思ったことを書いていきます。

 

非常事態下におけるビジネスの定番は便乗商法であります。

新型コロナウィルスや東日本大震災のような非常事態は永遠ではないため、
実践期間は短期になります。

よって、便乗商法を行なう場合、
あまり投資はせずに手っ取り早く稼げる体制を整える必要があります。
 

以前でしたら、便乗商法をやれば、お金をかけずに手っ取り早く稼げたと思います。

今の社会状況は、まるで東日本大震災のときと同じような雰囲気でありますが、
検索エンジンの仕様も東日本大震災水準でしたら、
量産型のペラサイトでも簡単に上位表示させることが可能であります。

東日本大震災が発生した2011年のアフィリエイトは、サイト・ブログを量産していくスタイルが
中心でありました。

したがって、グーグル検索エンジンが東日本大震災のときの仕様でしたら、
新型コロナウィルスに便乗して、ペラサイトを量産して、マスクや関連物資を取り扱えば、
これだけで検索エンジンからアクセスが流れてくるので、簡単に稼ぐことができます。

しかし、今の検索エンジンは、量産型のブログ・ペラサイトでは上位表示できず、
最低限として、コンテンツが充実したサイトを作る必要があります。

現在において、便乗商法を行なうのであれば、
コンテンツの充実したサイトに記事を投稿していくかたちを取る必要があります。

無理に行なうよりも、必要な分だけ行なうのが無難であります。

 

一方、今すぐお金がほしいという状況でない場合は、無理に便乗商法は行なわずに
新型コロナウィルスが収束してきましたら、スタートダッシュできるように
今のうちにコンテンツを作りこんだり、整備したりするのも一つの手です。

実践しているジャンル・分野によっては、
新型コロナウィルスの影響で売り上げやお問い合わせが減ることによって、
空き時間が増えるケースもありますので、何もしないよりも、時間を有効活用して、
しっかりとコンテンツを作りこんだり、整備したりすると良いでしょう。

非常事態からの回復期は売れやすいですので、
意識してビジネスを考えるのが有効です。
 

あと、社会情勢が変わるので、
この機会を新しいビジネスを始めるきっかけにすることもできます。

ビジネスの基本である需要と供給がマッチしているかどうかを見極めるようにして、
事業の方針や方向性を考えることが大切であります。

 

ここまで、非常事態下におけるビジネスについて考察を書いてきましたが、
効果が明らかに見込めると判断すれば、便乗商法を行なうのも有効でありますが、
以前に比べれば、難易度が上がっていますので、無理に行なう必要もなく、
回復期を意識して、長期的な視点でビジネスを構築していくことも重要であります。

あとは自分で判断して、ネットビジネスを実践するようにしましょう。

新型コロナウィルスと当面の対応について

新型コロナウィルスの感染が日本でも拡大していて、各地で混乱が生じている状況です。

新型コロナウィルスは感染したとしても軽症で済むことが多いものの、感染力が強く、
そのために混乱が生じていると思われます。

全国の学校が臨時休校したり、
また買い占めに走る人のせいで品薄状態になり、物資の確保に追われるなど、
社会的混乱が大きく、中には実践もままならない人もいらっしゃるかと思います。

まるで東日本大震災のときのようであります。

そこで、当面の対応をとりまとめることにしました。
 

まず、新型コロナウィルスの影響で実践ができない状況になってしまった方は、
必要に応じてサポートの延長措置や、一時実践の休止を許可致します。

感染してしまった場合や、身内や周囲の人に感染者が出てしまった場合はもちろん、
臨時休校・臨時休業で支援しなければならない、物資を確保しなければならない、
など社会的影響で実践が困難になった場合も対応することに致します。

当面の間は、実践できない状況である場合は、
お問い合わせいただければと思います。
 

青空塾においても、期間の延長措置や休学・停学を認めます。

そして、しっかりと実践していただくために、
従来は書き込みやログインしていない者については、強制退塾処分を行なっていますが、
当面の間は不測の事態も起こりえる状況であることから、処分は行なわず、緩く運営していきます。

新型コロナウィルス対策は個々で考えていくことが大切であるため、
青空塾SNSは当面の間は無理に盛り上げることはせずに、個別サポートに力点を置くようにします。

青空塾SNSの活動は縮小するため、場合によっては書き込みが閑散としている状況が続きますが、
逆に当面の間は書き込みやログインをしていなくても、強制退塾処分は行ないませんので、
新型コロナウィルスの影響を懸念している方も気軽に入塾できます。
 

それから、当面のビジネス活動についてですが、
レビューの作成や情報発信活動はしっかりと行なっていきたいと思います。

しばらくの間は新型コロナウィルスの状況を見守りながら、記事の作成やコンテンツの整理を
コツコツと進めていく感じになります。

この機会に新しいビジネスについても模索していきたいと考えています。

新型コロナウィルス関連については、
必要であれば、ブログやメルマガで扱っていくと思います。
 

以上が、新型コロナウィルスの当面の対応になります。

よろしくお願いします。

このページの先頭へ