(2020年1月18日)アップデートのお知らせ

ネット情報発信総合スタンダート戦略、
および一部のレポート等のアップデートを行ないました。
 

まず、ネット情報発信総合スタンダート戦略のバージョンアップが完了し、
対象になっているご購入者様に配布しました。

バージョンアップの内容としては軽微なものが中心であり、若干の見解の書き換えや追記、
コンテンツ整備に伴う内部リンクの貼り換えや、リンク切れの修正になります。

また、それに伴い、
一部のレポートやコンテンツのアップデート・更新を行なっています。
 

それから、前回お知らせした通り新快速SEOパッケージのバージョンアップが完了しましたが、
これに伴い、SEO演習講座の改訂も行ないまして、講座で使用するレポートも更新しました。

SSL化(HTTPS化)やE-A-Tについて追記しています。
リンクの修正等も行なっています。
 

以上になりますが、よろしくお願いします。

既存サイトの常時SSL化作業の流れについて

既存サイトの常時SSL化作業の流れについて、以下のファイルにまとめて説明していますので、
ダウンロードをしてみていただければと思います。

⇒ 既存サイトの常時SSL化作業の流れについて(ファイル)はこちら
 

ネット社会が発展し、日常生活に定着しましたが、一方でネット犯罪も増加して、
常に危険と隣り合わせです。

そんななか、グーグルはウェブ運営者がサイトやブログにSSL(HTTPS)を導入すると、
ユーザーにとって安全になると考え、ウェブ運営者にSSL(HTTPS)の導入を促しています。

また、ここ最近ユーザー側も安全性に対する意識が高まり、安全対策が求められます。

そこで、世間的にもSSL(HTTPS)を導入することが推奨されていますので、
以前からサイトを運営されている方で、まだ常時SSLを導入されていない方は、
これを参考に常時SSL化作業を行なっていただければと思います。

【2020年】新年のご挨拶と新快速SEOパッケージのバージョンアップ

2020年、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

みなさんは新年をどのようにお過ごしでしょうか?

コンテンツのメンテナンス作業に集中していたため、少し遅れてしまいましたが、
新快速SEOパッケージのアップデートが完了し、
ようやく対象になっているご購入者様に配布できるようになりましたので、
今日新年のご挨拶と新快速SEOパッケージのバージョンアップのご報告を行なうのに至りました。
 

さて、新快速SEOパッケージのバージョンアップの内容について簡単に紹介します。

今の検索エンジンはE-A-Tを重視しており、ジャンルや分野によって若干調整されているものの、
SEOはE-A-Tを念頭において考えていく必要があります。

そこで、E-A-Tからみた観点でSEO対策を書き加えました。
どのようにすれば、E-A-Tを高められて評価されるようになるのかがみえるようにしました。

SSL化(HTTPS化)については、
安全性に対するニーズの高まりとともに、グーグルがSSL(HTTPS)の導入を推進していることから、
しっかりと記述を充実させ、解説するようにしました。

それから、Google Search Consoleが2019年にリニューアルしましたので、
新しいバージョンに書き換えました。

あと、ここ数年間でSEOに関して若干変化しているので、一部見解の変更を行ないました。
 

次に関連するレポートや特典について簡単に記載していきます。

SEO入門ブックの改訂を行ない、
Google検索品質評価ガイドラインとE-A-Tについての記述を加えております。
(SEO入門ブックは無料プレゼントコーナーでも配布しています。)

ハイクラス厳選検索エンジン・相互リンク集リストについてになりますが、
リンク切れを修正して更新しました。

それから、常時SSL化(HTTPS化)に関連し、
無料プレゼントコーナーにある検索順位・SEO効果を維持したままサイトを移転する方法を改訂し、
httpからhttps(SSL化したページ)へ転送するのに必要な301リダイレクトについて
分かりやすいように解説を書き加えました。

つきましては、保有者は特典のハイクラス厳選検索エンジン・相互リンク集リスト、
および無料プレゼントコーナーにもあるが、
SEO入門ブックと検索順位・SEO効果を維持したままサイトを移転する方法については、
改訂を行なっていますので、お手数ですが、差し替えをお願いします。
 

以上が、新快速SEOパッケージの今回のバージョンアップの内容になりますが、
新快速SEOパッケージの紹介ページ等については令和バージョンとして更新し、
この内容を反映させました。

あとは、コンテンツの整理を行なって、片付けていきたいと思います。

それでは、改めて今年もよろしくお願いします。

このページの先頭へ