検索エンジンスパムについて

実は検索エンジンスパムを意外と知らない方が多いと思います。

知らないとわけの分からないツールやサービスを購入させられる可能性があるので、
正しい知識を身につけることが大切です。
 

どのような行為が検索エンジンスパム判定をされるのかについては、
グーグルのウェブマスター向けのガイドラインに書いてありますので、
基本的にはこれに注意していけばOKです。

細かい点についてはSEO講座の各項目を参考にしていただければと思いますので、
読んでみてください。

 

そして、グーグルは検索エンジンスパム行為を取り締まるため、
アルゴリズムを改良しています。

検索エンジンスパム行為の取り締まりを強化した
その代表的なグーグル検索エンジンのアルゴリズムの変更が
2012年4月下旬のペンギンアップデート、
2012年7月18日のパンダアップデートになります。

スパムサイトは
これらのアルゴリズムの変更によって、
ペナルティが発動し、検索順位を大きく落としました。

ペナルティの発動方法は、
検索エンジンのアルゴリズムが自動的にペナルティを課すほか、
機械のみでは限界でありますので、さらに取り締まりを強化するために
グーグルスタッフによって手動でペナルティを課されることがあります。

したがって、
パンダアップデートとペンギンアップデートは
検索エンジンスパムを把握するうえで、必ず理解していただきたいことです。
 

そこで、
以下にパンダアップデートとペンギンアップデートをそれぞれ説明をまとめてありますので、
おさえるようにしてください。

⇒ パンダアップデートとは (コンテンツファーム対策 Google ペナルティ)

⇒ ペンギンアップデートとは (リンクファーム対策 Google ペナルティ)

 
一方、ペナルティを受けているのではないかと思われる方は、
ペナルティの確認と解除をGoogleウェブマスターツールで試みてみましょう。

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ