(初心者の方へ) 情報発信について

これから、みなさまは情報発信を行なってみようと考えていると思われますが、
実践する前に情報発信の本質を理解しておく必要があります。

戦後レジームの影響で、
各メディアをみるように日本は情報発信分野が弱く、今まではマスコミの報道によって、
世論が動かせられる状況であり、情報発信について、日本国民は疎い人が多いのが現状です。

戦後レジームにおける日本の言論環境に関して、
以下の記事を参考にしていただければと思います。

(参考)日本人愚民化させたGHQの洗脳政策―徹底的な検閲と言論弾圧

そのため、情報発信の本質について、深く掘り下げて考えたことがない方が多いと思うので、
情報発信の本質について書くことにしました。

 


情報発信とは
⇒ 自分が思っている通りに読者様を動かすこと。

自分が思っている通りに読者様を動かすには、
情報発信を行なって、読者様に伝える必要があります。

情報発信は、アフィリエイトやビジネスで商品を売って購入に導くときや、
政治や社会活動で思想を伝えたり、
自分の趣味に興味をもって賛同してもらったりするときなど、様々な場面で用いられます。

 


したがって、裏を返せば、情報の実態は、
情報は発信者側にとって都合の良いものしか載っていません。

サイトやブログやSNSや掲示板などのインターネット上に書かれていること、
テレビや新聞などのマスコミが報道するもの、街宣やデモや演説で話している内容は、
全て発信者側にとって都合の良い情報しかないです。

自分が思っている通りに読者様を動かすのが目的で
情報発信しているからです。

もっとも、私自身も運営している媒体では良いことを言っていますが、
自分にとって都合の良い情報を発信しています。

自分にとって都合の良い情報を発信すること自体は、違法行為や反日行為を侵さないようにし、
世の中で役に立つのであれば、否定をするつもりもありません。
 

ただ、残念ながら、現実的に自分の利益のためだけに
いかに人々を洗脳して騙していくかを考えて
詐欺情報を流す人が多いです。

ネット上でなくても、
新聞やテレビなどのマスコミや日常の場面でも詐欺情報が飛び交っていることから、
自分の力で情報をしっかりと見極めて判断できるようにするという意味でも
情報発信を学んでおく必要があります。

情報発信は必要なスキルですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ